「dビデオ powered by BeeTV」がブランドを「dTV」に。変更点ってなに?

「dビデオ powered by BeeTV」がブランドを「dTV」に。変更点ってなに?

2015年4月2日に

 

「dビデオ powered by BeeTV」がブランドを「dTV」に変更したんですけど・・

 

 

 

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

 

 

 



 

 

「dビデオ powered by BeeTV」がブランドが「dTV」に変わったみたいですね。

 

我が家はずっとdビデオで契約していたので、

 

ああ、変わったんだな・・位しか

 

思わなかったんですね。

 

 

気づかなかった位なので、

 

操作方法が変わったワケでもないし、フツーに使えているので、

 

何が変わったのか、調べてみると・・

 

 

 

 

<主な変更点>

 

1. ユーザーインターフェースの刷新

 

(1)「チャンネルバー」の追加
画面上部のチャンネルバーを左右にフリックするだけで邦画や洋画など、ジャンルの切り替えが可能となります。
(2)予告編の自動再生機能
アプリの起動時に映画・ドラマの予告編を自動再生いたします。
予告編の自動再生機能のイメージ画像
(3)レコメンド機能
アプリを立ち上げると、トップ画面に「あなたにオススメ」チャンネルが表示され、過去の視聴履歴をもとにオススメ作品をレコメンドいたします。
レコメンド機能のイメージ画像

 

2. テレビでの視聴機会の拡大

 

専用アダプター「dTVターミナル」をご利用いただくことで、ご自宅のテレビでも「dTV」を簡単にお楽しみいただけます。
3. コンテンツの強化

 

実写版映画と連動したオリジナル作品や映画・ドラマの先行配信など、「dTV」限定のコンテンツをご提供します。

 

 

 

・・・って言う
文章が出て来ました。

 

1は要するに上にジャンル分けのバーが出たりして、
使いやすくなったり
予告やおススメが表示される様になったみたいです。

 

2はテレビにつなぐだけのアダプターが発売されて
初めての人でも使いやすくなったみたいですね。

 

3は例えば
進撃の巨人(実写版映画と連動したオリジナル作品/Beeマンガ)

 

・・みたいな、オリジナルの物が観れる様になって行くみたいですね。

 

おススメとか、オリジナルな物が手軽に見られる様になった

 

・・って感じでしょうね。

 

去年から使っている我が家も7月で1年使ってる事になります。

 

レンタルビデオ屋さんは、全く行かなくなったので、

 

とってもおススメです。

 

「dビデオ ・・・じゃなくて、「dTV」

 

 

「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

 

 

 



 

 

動画見放題hulu